スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木津川南地域青年雇用集会に190人!

「若い世代の雇用・貧困問題にどう立ち向かうか」190人で成功 ~木津川南地区~
木津川雇用集会6

 6月22日に、民青木津川南地区もはいって実行委員会形式でとりくんだ「若い世代の雇用・貧困問題にどう立ち向かうのかー自己責任論をのりこえて」が開催され、190人が参加し成功しました。
★青年の深刻な実態を告発され、運動をひろげようとアピールを採択!
 集会の?部では、実行委員会が取り組んだ生活実態アンケート、598人分の中間発表がされました。交流会では5人の青年がリレートーク。I大学2部の学生は「母子家庭で母親は生活のためにダブルワーク。ぼくも学費のためにアルバイトに明け暮れ、勉強や友達と遊ぶ時間が犠牲になっている」と。長年、日雇い派遣で働いてきた女性は、1日中40kg近い冷蔵庫を運び続ける日雇い派遣の作業で、病院に担ぎ込まれる労働者が相次いだ工場を告発。労働者をモノのように扱う労働現場の状況を報告。
 集会の?部では、
若者の雇用と貧困の問題を取材してきた民主青年新聞の富山健記者と、日本共産党の山下よしき参院議員が講演。最後に「私たちは自己責任を乗り越え、政治や社会に目を向け、自らの生活実態や周りの若い世代の実態を集め、社会や政治に対して告発していきます」と集会アピールを採択しました。
★“学びと交流”を大事に対話宣伝をひろげてきた
集会にむけて、実行委員会では“学習と交流”を大事にとりくんできました。そして、アンケート目標1000枚(青年で500枚)と決めて、ネットカフェ体験やマクドナルドへも調査にとりくんだり、街頭で、対話宣伝にとりくむ、職場の同僚や兄弟にアンケートを書いてもらうなど、とりくんできました。そうした中で、宣伝でであった青年が、“不当解雇をうけた”との相談から、地域労組に加入し、たたかい始める経験も生まれました。
★“よくよく話しをきいて、しんどさの背景を学ぶことが大事”“うってでる中で励まされること”を実感 ~副委員長Aくん~
 集会の事務局を務めた木津川南地区副委員長のA君に集会にとりくんだ感想を聞きました。「集会にむけて、・・・

more...

スポンサーサイト

第二回実行委員会行いました。

2008年6月16日
大阪青年大集会
実行委員会事務局
  まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!大阪青年大集会2008


「つぶやきが声に つながりが行動に その思いきっと実現できる
まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!大阪青年大集会2008」
にタイトルがきまりました~!!!!!


 6月13日(金)、大阪青年大集会にむけて、第2回目の実行委員会を開催しました。暑い夜でしたが、大阪労連青年部から1人、自治労連青年部から1人、地域労組青年部から2人、城東民商から1人、民青同盟の堺泉北・木津川・吹田摂津・北河内・北福島・城北・西港浪速の7地域から参加してくれ、19人の参加で実行委員会を行いました。まずは皆で仲良くなるためにも、ハヤシライス(恒例の炊き出し)を食べながら自己紹介をしました。事前の各地の取り組みのニュースも用意し配りました。
地域労組青年部の中原さんのたたかいを学習
 はじめに、富士通子会社で働いていて長時間勤務によって、うつ病になった地域労組青年部の中原さんの闘いを、ビデオと中原さん自身の話しで学びました。ビデオはニュースゼロで中原さん自身が出演したもので、うつ病になった実態がなまなましく映し出されている物でした。中原さんは「労災が打ち切られそうだったが、労働組合を通じて団体交渉をして、労災の延長を勝ちとりました。」と話してくれました。またうつ病は長時間勤務や上司のパワハラのせいと会社側に慰謝料を請求していた裁判で、5/26大阪地裁は「うつ病発症と本件業務との間には、因果関係を認めることができる」として会社に120万5千円の支払いを命じた資料も配られました。
 感想では・・・

more...

堺で雇用サークルできたよ!

民青堺泉北地区委員会で雇用サークルJobMozu開催
第一回「Job Mozu」を15人の参加で行いました!「Job Mozu」は2007年の「5.20全国青年大集会」に参加したメンバーが中心になり結成された雇用の学習・交流サークルです。学習では、『07年全国青年大集会ハイライトビデオ』『08年「10.5集会アピール」『民青新聞(若者メーデーの記事)』をしました。感想交流では、参加者自身が自分の働き方を話しました。「通勤時間が往復で4時間」「福祉職場の非常勤で最低賃金ぎりぎり完全にワーキングプワー、でも正規職員は時給に直すともっと給料が低い」など大変な実態が交流されました。また、「組合に入りたい。」「働く権利を学びたい」「ワーキングプアの実態を調べたい。」「街頭宣伝で多くの青年の声を聞きたい。」「派遣の実態調査をしたい」など今後やりたいことも交流されました。
 最後に今後大阪集会にむけて200人からのアンケートを集めようと行動提起されました。6/27にはお帰りなさい宣伝も決まりました。


京橋駅で実態調査をしました。

民青城北地区委員会が実態調査をしました。 
6/8(日)18時~京橋で実態アンケート宣伝に取り組みました。
 建設業の男性は「正規職員やのに、ボーナスがないからツラい」と、また残業が0(ゼロ)の時と最大77時間の時があり、「そんな時は深夜3時まで働いて、寮に帰り寝て、 またすぐに働きに行く」そして、そんな働き方を解消するのはお酒飲む事と、大変な実態を教えてくれました。
 また、22歳女性は、「昼はジャンカラ夜は、居酒屋のかけもち仕事。有給も残業代もでない!しかも、上司にベタベタさわられる。」将来のことなど聞くと「結婚したら仕事は何もしたくない」と話してくれました。雇用集会のことや、有給ほんまはとれることなど実態についても伝えましたが、「もう何もしたないし、考えられへん」と人生あきらめさせられていて本当につらそうでした。
 この日は全体で15枚のアンケートが集まりました。どの人も上記の2人のようにに過酷でツラい労働実態でした。これからもそんな人に、たたかえば(声あげたら)かわるんだ~と伝えていきたいと思いました。        

城北地域で『しゃべり場雇用編』したよ~!

民青城北地区委員会でしゃべり場雇用編を開催
 6/6(金)青年雇用のしゃべり場を開催しました。講師には地域労組の浜元さんに来ていただきました。まずは手作りカレーライス食べながら昨年の雇用集会のビデオを視聴して、○×雇用クイズもしました。その後実態を交流しました。地域労組の浜元さんは一人一人の発言にアドバイスをしてくれました。貿易会社で働くMさんは「勤続7年間で有給14日ある」と言う発言に「ん?有休って20日間もらえなあかんのんちゃう?」と言われ、違法がある事がわかりました。そして浜元さんが「まずは労働者の権利を学ぶこと!権利を身につけることでなにが問題か?解決はあるのか?誰が邪魔しているのか?がわかってくる。民青でもよく学んで下さい。私でよければいつでも力になります」と話してくれました。
 最後に今年10月に開催される雇用集会雇用アンケートの目標600人(大阪雇用集会までに半分の300目標)に取り組むこと、宣伝に打って出る事など行動提起されました。

吹田で実態調査をしました。

吹田摂津若者雇用サポートネットで労働相談宣伝
 5/27(火)JR千里丘駅で労働相談宣伝を行い、摂津労連から5人、北摂労連から1人、共産党から3人、民青から4人の13人が参加しました。独自ビラを配りながら、実態アンケートを集めました。10人から実態を聞くことができ「マクドで働いているがタイムカードがなく、残業代もでない」「寮に入っているけど日給が7千円で寮費が一日3千円」など実態も出されました。また派遣の方とも対話になり、「やっぱり正社員のなりたい」「正社員は大変やからいや」と対象的な声も聞かれました。
 吹田摂津では8/16の青年シンポに向けて6/10にも宣伝に取り組むようです。

木津川南地域で実態調査しました。

民青木津川南地区委員会で街頭宣伝
 5/26(月)地下鉄我孫子駅で実態調査宣伝を行い、13人が参加しました。実態アンケート集め、21時~22時までの1時間で27人から実態を聞くことができました。「労働時間は12時間以上」「会社で訴訟が起こっている」「正社員なのに社会保険は全くない。有給もない」「一番の望みは休みがほしいこと」など切実な声が出されました。
 木津川南地区では6/22の学習交流会にむけて青年500人から実態を集め黒書を作り、自治体に要請しようと頑張っています!現在150人の青年から実態が集まっています。5/31にも住之江駅で宣伝を16時~することも決まっています。

第一回実行委員会を行ないました!

2008年5月26日
青年雇用集会in大阪
実行委員会事務局
NO.1
 青年雇用集会in大阪(仮称)

いよいよ大阪でもはじまりました~!!全国青年大集会にむけて、
大阪でも青年雇用集会in大阪を開催します!第一回実行委員会を開きました。

 5月24日(土)、『青年雇用集会in大阪』(仮称)にむけて、第一回の実行委員会を開催しました。この日はあいにくの雨でしたが、地域労組から4人、民青同盟の堺泉北・木津川・吹田摂津・北河内・西港浪速・枚方交野の6地域から参加してくれ、13人の参加で実行委員会を行いました。まずは皆で仲良くなるためにも、親子丼(炊き出し)を食べながら自己紹介をしました。ディナータイム交流!事前の各地の取り組みのニュースも用意し配りました。
 『07年集会ハイライトビデオ』・『アピール』を学習
はじめに昨年の集会自体と集会後の変化を確信にするために、『07年全国青年大集会ハイライトビデオ』と『2008年全国集会アピール』を学びました。
 その後に青年雇集会in大阪(仮称)の実行委員会の呼びかけをしました。(呼びかけ文を作っていますのでほしい方は民青府委員会まで)また当初集会を7月13日に開催する予定で呼びかけていたが、首都圏青年ユニオンの参加ができないことになり(反貧困キャラバン出発式が埼玉でありそこに参加しないといけない)、7月21日(祝)に大阪集会をおこなうことを事務局で相談したことを、実行委員会に提案しました。実行委員会では、7月21日(祝)は、祝日なので、「仕事の人もいるのでは」という声もあったが、その日しか開催できる日程がないということもあり、7/21開催の方向で確認しました。

各団体・地域の活動や実態を交流
その後、・・・

more...

プロフィール

大阪青年大集会2011

Author:大阪青年大集会2011
大阪青年大集会は、今年で4回目!全国青年大集会2011(2011年10月23日(日)IN東京明治公園)のプレ企画として、大阪の青年が学び、交流し、行動する集会です。「ブラック企業」の広がり、失業・就職難、解雇や内定取り消し、長時間労働、低賃金と貧しい社会保障…フツーに進学して、フツーに働き、フツーに結婚し、フツーに子育て出来ないのが実情です。東日本大震災と原発事故のあと、「まともな仕事と人間らしい生活を」という若者の願いはますます切実に。そんな今に黙っていられない!一緒に学び、考えあう青年対象のイベントです。
2011年10月8日(土)13時~大阪市立中央区民センター(http://www.osakacommunity.jp/chuo/index.html)に大阪の青年みんなで集まろう!
大阪青年大集会2011実行委員会より

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。