スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大阪の環境保全公社職員労働組合からメッセージが届きました!

前回実行委員会議に参加してくれた、東大阪の環境保全公社職員労働組合からメッセージが届きました。紹介します!!

東大阪の環境保全公社職員労働組合です(^^)
市が100%出資する公営企業で、し尿処理や大型ごみの収集をする仕事です。
現場の職員はほとんどが臨時職員です。“官制ワーキングプア”ってやつです(-_-)
昨年9月、市から出向している公社の幹部が中心となって、ベテランの組合書記長を突
然解雇して、12月には組合に入っている臨時職員を見せしめのように雇い止めしまし
た。
いま、裁判をたたかっています。
18日の集会に参加します!署名とかやってるんでみなさんご協力お願いしまっス(^^)/

gomi1.jpg
スポンサーサイト

分科会が決まりました~♪

大阪労連分科会会(第3回議室)
 「貧困についての講演会」講師 生田武志(野宿者支援ネットワーク) 
大阪市西成区で野宿者支援を行っている生田武志さんが、「大阪の貧困とは何か?」を講演。競争社会における生活保障の落とし穴とは?私たちが感じている「生きづらさ」を、「関係の貧困」や「経済の貧困」など、「貧困」をキーワードにひもとく。

地域労組おおさか分科会(第2会議室)
「正しくキレる』を実践する方法」(仮)
3/24毎日放送VOICE に取り上げられたニュース特集を視聴後、青年部の
取り組み紹介と当事者の発言紹介をし、その後、話し合いたいテーマごとにグループを作り、
カフェスタイルでお菓子を食べながらワンドリンクを持って立食形式で自由に交流する。
オープンスペーステクノロジーを利用した分科会。仮テーマは「職場の悩み、言わせて、聞いて!」「日本の、これから~セーフティーネットってどうよ!?」「地域労組おおさか青年部って何してんの?」「議論、討論、ときには口論?テーマは何でも!熱く議論したい人集まれ!」

民主青年同盟分科会(ホールにて)
「もう我慢しない!?しゃべりバ!」

一部のパネルディスカッションを踏まえて、自分たちの実態を交流、これからどんな働き方?暮らし?をしたいか?を交流する。もう我慢しない人この指とまれ~!!

学生・高校生分科会(第4会議室)
「就職難?高学費?なんで?」

 学生・高校生が集まり、学校のこと、就職のことに対し、実態や思いを出し合い、自分たちの将来について語り合うしゃべり場。資料として中田進氏の著書「働くこと、生きること」を使う予定。

分科会は15時~です~♪

当日スケジュール&メイン企画が決まりました♪

○ メイン企画
『大阪青年とプロフェッショナルのパネルディスカッション』
【SpecialGuest】
村田浩治弁護士  NHK プロフェッショナルの流儀に09年出演

【パネリスト5名】
高校生、大学生、大阪労連青年部、地域労組おおさか青年部、民主青年同盟

13:00~ 開会挨拶・各政党メッセージ
13:30~ パネルディスカッション
15:00~ 分科会
16:05~ リレートーク
17:00~ パレード出発
18:30~ 終了

実行委員会議をやったよ~♪

3/30に大阪集会実行委員会をおこないました!!幅広い団体や個人が参加してくれています。東大阪労連から清掃の仕事をしていて市から急に雇い止めされ、今裁判を闘っている青年とその組合員が参加してくれ、切実な実態を話してくれました。他にも地域労組や大阪労連から取り組みや実態が交流され、『今すぐに解決できないこともあるけど、まずは実態を知ること、そして青年同士がつながることが本当に大事、大阪集会は大阪の青年の実態や運動が交流され、繋がれるような集会にしよう』と交流されました。
そして…
実行委員長が大阪労連青年部の中津川さんに決定しました!!

大阪青年大集会2010やります!!4/18!!中央区民センター

≪2010大阪青年大集会のご説明≫
○はじめに
 私たち青年の現状を表す言葉の一つに「生きづらさ」があります。就職内定率は低下の一途をたどり、一方で青年の失業率は15歳から24歳までが9.2%、25歳から34歳までが6.5%と年齢別失業率では特に高く、青年労働者の就職難はいっそう深刻になっています。仕事を探しても正規職員の求人募集は殆どなく、賃金が安いために長時間働かないと生活していくことができない。一日のうち、朝ごはんや晩御飯を抜いたりして、『節約』して暮らしている。
正規職員はといえば、一月に決まったお給料はもらえるけれども、人員削減による過重労働やサービス残業で体をこわしたり、パワハラ・セクハラなどでメンタル不全に陥ったりと、この先仕事を続けていけるのかどうか?という不安が、常に付きまとっています。
 労働者の3分の1がワーキングプア層、若者では2人に一人がワーキングプアといわれています。先の総選挙で歴史的な政権交代が起こり、青年たちは、「政治は変えられる」「自分たちの仕事の仕方や生活が、良くなるかもしれない」と期待持ちました。しかし、結果として、青年たちの「生きづらさ」は変わることなく、青年は自分の将来に不安を持ち、それを自己責任として悩み、苦しんでいます。

○青年大集会とは?
 青年大集会は、労働組合だけでなく、民主団体や支援団体が連帯して開催する、青年たちのつながりの場です。
一作年に東京・明治公園で行われた「全国青年大集会」には、4600人の青年が参加し、切実な若者の願いや実態を持ち寄って交流し、大成功をおさめました。また、全国青年大集会の実行委員会が調査した16社・113現場の「日雇い派遣調査」は、マスコミにも大きく取り上げていただき、その後全国で取り組まれた調査によって、青年の雇用と貧困の実態を明るみにし、大きな社会問題となりました。
今年も、5月16日に、東京・明治公園で全国青年大集会が開催されます。正規・非正規、公務労働者・民間労働者、学生など、あらゆる職種の違いをこえて青年がつどい、「まともに生活できる仕事を!」と声をあげます。

○ 大阪青年大集会の意図
大阪では、それに先立ち、大阪独自の「2010大阪青年大集会」を開催します。
大阪府下でくらす多種多様な青年たちが集まり、各分野の状況や不安、悩み、を話し合うことで、その根元に何があるのか、私たちは、「フツーに生活できる社会」を実現するために何ができるのかを、一緒に考え、学び、元気に第一歩を踏み出す集会にしたいと考えています。
プロフィール

Author:大阪青年大集会2011
大阪青年大集会は、今年で4回目!全国青年大集会2011(2011年10月23日(日)IN東京明治公園)のプレ企画として、大阪の青年が学び、交流し、行動する集会です。「ブラック企業」の広がり、失業・就職難、解雇や内定取り消し、長時間労働、低賃金と貧しい社会保障…フツーに進学して、フツーに働き、フツーに結婚し、フツーに子育て出来ないのが実情です。東日本大震災と原発事故のあと、「まともな仕事と人間らしい生活を」という若者の願いはますます切実に。そんな今に黙っていられない!一緒に学び、考えあう青年対象のイベントです。
2011年10月8日(土)13時~大阪市立中央区民センター(http://www.osakacommunity.jp/chuo/index.html)に大阪の青年みんなで集まろう!
大阪青年大集会2011実行委員会より

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。